iPhone最新人気アプリランキング

はり算出のたわみ、せん断力、曲げモーメント

はり算出のたわみ、せん断力、曲げモーメント

【ユーティリティ】有料アプリランキング

本日
-
昨日
-
一昨日
-

【ユーティリティ】総合ランキング

本日
-
昨日
-
一昨日
-

【AppStore総合】有料アプリランキング

本日
-
昨日
-
一昨日
-
メインカテゴリ

ユーティリティ

関連カテゴリ

仕事効率化

リリース日

2013-07-17

価格

¥960

現在のバージョン

5.3.0

ファイルサイズ

約29MB

制作者

Blue Ketchep

販売者

Ketchep.com, LLC

アプリスクリーンショット

アプリ詳細

はりのたわみを簡単に計測し、構造分析用のエンジニアのグラフを簡単に計算します。すぐに結果をダブルチェックして、あなたの梁のたわみ 論理を構築します。このアプリは機械、土木、構造、建築技術においてかけがえのない学習ツールです。

直感的な、驚くべきタッチパネルのインターアクション

• インタラクティブなグラフィクス- 負荷とサポートの位置を決めたらタッチ。私たちのアルゴリズムが自動的に個々のセクションと負荷の重ね合わせを計算します。
• リアルタイムの計算- 負荷とサポートを編集すると、すぐにその効果がせん断図、モーメント図、傾斜図、偏向図に表示されます。アプリとインターアクトするにつれ、梁がリアルタイムでどのように曲がるか視覚化しましょう!

負荷とサポートは無制限

• 少なくともデバイスが対応できる限り、いくつでも!
• 集中荷重、分布荷重、モーメント
• 固定支持, 単純支持
• 流動的及び固定蝶番

組み込まれた物件データのライブラリ

梁の偏向は梁素材(弾性の係数)や断面形状 (瞬間的な慣性)によります。アプリは通常 の価値を含みますが、これらの価値を直接特定することもできます。

• ほとんどのアメリカ及びヨーロッパの標準デザインが含まれています。
• よく使われるエンジニア素材から選択可能。

スマートで役に立つデザイン。

• 通常の計測単位(メートル法と通常)。
• スマートダイアグラムは、最高と最低値、ゼロ交差を自動的に検知します。

連絡先

最新版で何か問題がありますか?何か特徴のリクエストがありますか?教えてくださ い! コンタクト方法はたくさんあります。

電子メール:contact@ketchep.com
https://www.blueketchep.com
http://facebook.com/BlueKetchep

あるいは単に、ここにコメントしてください!

対応端末

iPhone5s-iPhone5s / iPadAir-iPadAir / iPadAirCellular-iPadAirCellular / iPadMiniRetina-iPadMiniRetina / iPadMiniRetinaCellular-iPadMiniRetinaCellular / iPhone6-iPhone6 / iPhone6Plus-iPhone6Plus / iPadAir2-iPadAir2 / iPadAir2Cellular-iPadAir2Cellular / iPadMini3-iPadMini3 / iPadMini3Cellular-iPadMini3Cellular / iPodTouchSixthGen-iPodTouchSixthGen / iPhone6s-iPhone6s / iPhone6sPlus-iPhone6sPlus / iPadMini4-iPadMini4 / iPadMini4Cellular-iPadMini4Cellular / iPadPro-iPadPro / iPadProCellular-iPadProCellular / iPadPro97-iPadPro97 / iPadPro97Cellular-iPadPro97Cellular / iPhoneSE-iPhoneSE / iPhone7-iPhone7 / iPhone7Plus-iPhone7Plus / iPad611-iPad611 / iPad612-iPad612 / iPad71-iPad71 / iPad72-iPad72 / iPad73-iPad73 / iPad74-iPad74 / iPhone8-iPhone8 / iPhone8Plus-iPhone8Plus / iPhoneX-iPhoneX / iPad75-iPad75 / iPad76-iPad76 / iPhoneXS-iPhoneXS / iPhoneXSMax-iPhoneXSMax / iPhoneXR-iPhoneXR / iPad812-iPad812 / iPad834-iPad834 / iPad856-iPad856 / iPad878-iPad878

リリースノート|新機能

This release introduces the ability to compute and apply beam weight automatically as well as numerous improvements throughout the app, including performance and stability fixes.

• NEW: The checkbox next to the material density value allows you to apply beam weight as a load. Modifying the material density or cross section area values automatically enables this checkbox, but you can still uncheck it to disable it.

• NEW: When you explore sections in the built-in database, you can now see additonal reference values that you may find useful. Any rows with a light gray background are interactive. If you tap on them, they will be highlighted for visualization in the diagram on top of the screen.

• NEW: The app now enforces a minimum beam length based on 10 times the height of the cross section, if one is specified. Changing the height of the cross section will automatically cause the beam length to increase if it is less than this threshold.

• IMPROVED: You may notice that the beam visualization now reflects the proportional size of the cross section.

• IMPROVED: When a cross section is not specified, instead of rendering a default shape, we now simply draw a line that represents an abstract beam. Even when a cross section is specified, we now render a thin center line, which makes the deflection of the beam easier to follow visually.

• CHANGED: In order to make room for the new options needed to enable the new beam weight feature, you will notice a change in layout and interaction in the material and cross section widgets.

• CHANGED: Previously, when you changed the default app unit settings, any values entered for the current file would get overwritten using the new units. This behavior does not make sense now that there are multiple files, so we disabled it. Now, when you change the default app unit settings, only the output calculation values and the default values for new beams and loads are affected.

• CHANGED: When using English (Standard) units, the scroller in the numpad view changes your value in increments that are fractions of 2 (example: 0.25", 0.125", etc). We hope this makes it easier to work with common values in these unit types. Let us know!

• FIXED: We improved stability in some phones where the app may have sometimes crashed due to memory usage. We also improved performance in most phones where loading and searching the beam library may have been slow or laggy.

Issues, questions, or requests? Please submit a review or email contact@ketchep.com

はり算出のたわみ、せん断力、曲げモーメント
ランキング解析情報詳細

【ユーティリティ】有料アプリ部門ランキング

リリース日(発売日)

2013-07-17

リリースから経過日数

2074日経過

直近1年の1位獲得回数(日数)

0回/365回

直近1年のベスト10入り回数(日数)

0回/365回

直近1年のベスト50入り回数(日数)

0回/365回

※当データはiOS-App.jpの独自集計によるものとなりAppStoreに実際に表示された内容と若干異なる場合がございます。